キレイな肌に改善するために:シミ取り治療のすべて

シミを目立たなくする方法

ドクター

専門的な施術

皮膚にシミができてしまう原因は、紫外線によるメラニン色素の増加や、ターンオーバーの乱れが挙げられます。メラニン色素は、ほくろや肌の黒ずみを起こす原因にもなってしまいます。本来は肌のターンオーバーで新しい皮膚の生まれ変わりで目立たなくなるのですが、不健康な生活や加齢の影響で上手く働かなくなります。そのためにシミが残ってしまい、色がだんだんと濃くなってしまう場合もあるのです。こういったできてしまったシミを取るには、専門的なシミ取りの施術が効果的です。これを行うところは美容皮膚科があり、皮膚の美しさを追求してくれる機関です。美容皮膚科ではシミ取りに最適な施術が豊富に行われており、レーザー治療やピーリング、フォトフェイシャルなどがあります。痛みを極力抑えた治療となり、複数回受けていくことでシミが徐々に消えていくようになります。美容皮膚科は美容に対する皮膚トラブルの専門機関であり、シミの悩みにも親身に対応してくれます。できてしまったシミは諦めることはなく、シミ取りのような専門的な施術で目立たなくできるのです。まずは状態を診てもらうようにすると、それに合わせたシミ取りの施術が紹介されます。美容皮膚科では費用や目立たなくなるまでの期間など、いろいろな疑問に答えてくれるため、安心して施術を受けることができます。

施術中の注意点

美容皮膚科でのシミ取りの施術は、基本がターンオーバーを促していく働きとなります。レーザーやピーリングでも同じことが言え、古い角質を除去して新しい皮膚の再生を繰り返すことでシミが目立たなくなるのです。このときに古い角質を除去していく方法としては、皮膚へレーザーを照射して、炎症させていきます。そうすることで皮膚を剥がしていく効果があるため、シミ取りには最適な方法となります。しかし、シミ取りの施術は皮膚にとってはある程度の負担となってしまいます。施術中はほとんど痛みなど感じませんが、術後に赤みやヒリヒリ感が増してくる場合もあります。それを避けるためには、正しいケアをしていかなければいけません。美容皮膚科では、あらかじめ施術前に術後に行うケアをアドバイスしてくれます。具体的には、紫外線を避けるための日焼け止めの使用や、十分な保湿ケアです。術後は肌がデリケートな状態となっているため、紫外線は肌に負担となってしまいます。極力紫外線を避けるようにし、こまめに保湿をする対策で肌を守っていく必要があるのです。このような肌ケアを行わなければ、シミが取れたとしても新たな肌トラブルが起きてしまう可能性があるので、気を付けなければいけません。また、シミが完全に消えるまでに施術を複数回受ける必要もあります。これはシミの状態など個人差があるので、必要であればしばらくは施術を受けていくことも大切です。